尼崎三浦綾子読書会

塩狩峠記念館にて

尼崎三浦綾子読書会のはじまり

2004年9月18日、阪神チャペルセンターにて「三浦光世講演会」を大阪三浦綾子読書会主催で開催しました。講演会後には光世氏との会食のひとときをもちました。その後、記念すべき第一回尼崎三浦綾子読書会が開催され、課題図書を「道ありき」とし、三浦光世氏のご参加の下に生の制作秘話を伺うことができ、有意義で貴重なひとときをもちました。以後、開催月に変更はありましたが、継続して読書会を開催しています。

 講師は、全国三浦綾子読書会顧問の長谷川与志充牧師です。長谷川牧師は、三浦綾子氏の作品を通してキリストに導かれました。氏がキリスト教信仰の重要性を作品に託されたことを受け止め、その作品を通してより多くの方々と共に信仰の恵みを分かち合うという使命を抱いて、全国で活躍されています。

*読書会は開催月が不定期ですが、HPのトップページにてお知らせいたします。