阪神チャペルセンター

1955年に日本アッセンブリーズオブゴッド教団尼崎神召キリスト教会としてスタート。
1979年に新会堂を献堂した時、阪神チャペルセンターと通称をつけました。

わたしたち阪神チャペルセンターは、

キリストの平和と正義と公平の実現に努め、キリストによって現された神の愛を実践し、キリストの約束される信頼と調和、聖潔と希望、健全と繁栄を 生活の中で実現することを目指す教会です。
また福音主義プロテスタントの正統主義の流れにある日本福音同盟に加盟している教会です。

牧師紹介

廣瀬利男
1934年京都市に生まれる。戦中、島根に疎開、ナザレン教会の家庭集会へ中学の時に出席する。高校卒業と共に上京、日本アッセンブリー教会小岩教会に導かれ受洗する。中央大学在学中に献身、伝道者の道を目指す。中央聖書神学校に学び卒業。1960年 尼崎市の阪神チャペルセンターヘ赴任。関西学院大学神学部卒業する。1964年 按手礼授任。1982年 米国、インターナショナルセミナリーよりドクター.オブ.デビィニティー(D.D)名誉神学博士学位を授与される。

廣瀬晴代
1949年東京に生まれる。幼少のとき教会学校に導かれ,中学で受洗。高校卒業後三菱銀行に勤務後、中央聖書神学校に学び卒業。熊本県人吉市にて伝道に従事、数年にして教会形成し、教会堂の完成を見る、廣瀬師と結婚し、尼崎において牧会伝道と保育園長として奉職する。2003年2月、正教師按手礼授任。民生児童委員兼任。